韓国

韓国の餃子!人気のbibigoの王マンドゥ食べてみた。

スポンサーリンク

韓国ビビゴの王マンドゥ(旧 王餃子)を食べてみました。日本の餃子とは少し違う、広くアレンジができる味でした!

韓国の餃子(マンドゥ)、王マンドゥを食べてみました。

少し前に放送されていた韓国の俳優さんが出演しているテレビCMに釣られて買いました。

近所のスーパーには売っていなかったため、インターネットで購入。

ニンニクが効いていますが、シンプルな味です。

この記事では、王マンドゥのレビューとアレンジ、購入方法を紹介します。

王マンドゥって韓国の商品だよね…?とちょっと疑問に思ったので、韓国人の彼氏にも聞いてみました。韓国でも知名度の高いブランド「bibigo(ビビゴ)」の商品だそうです!

ちなみに、筆者の私は韓国留学生活中に、bibigoの王マンドゥを冷凍庫に常備していました。笑

王マンドゥ(旧 王餃子)のレビュー

王マンドゥ

購入したのはスタンダードなタイプの「肉&野菜 王マンドゥ(旧 王餃子)」です。

1キロはさすがに量がすごいですね(笑)しかも、「王(ワン)」だけあって、1つずつの餃子が大きいです。

公式によると一般のサイズの餃子の1.4倍の重さなんだそう。

それだけ大きいため食べ応えバッチリと思うのですが、普通の肉餃子よりもヘルシーな具材が入ってます。

意外とシンプルな味付けなので、アレンジもしやすく、1キロでも消費しやすいです。

改めて販売サイトを確認してみたところ、小さめの350グラムの商品も販売しているようです!

王マンドゥの餡は豆腐と春雨入り。

こんなに中身がヘルシーな具材だとは届くまで知りませんでした。

通常の餃子に主に使われている豚肉、野菜に加えて、豆腐韓国春雨が入っています。そのため、日本で食べる餃子と比べると淡白(シンプル)な味という印象です。

また、牛肉ダシが入っているため、日本の餃子とは少し違った韓国の餃子を味わえます。

ニンニクがかなり効いているため、人と会う約束があるときは食べるのは控えた方が良さそうです。

たれの作り方

パッケージ裏に書かれているたれの作り方をご紹介!

日本の餃子のたれとほぼ同じですが、ポイントは粉唐辛子を入れること!

実はこれ、韓国でも現地の方はこの材料でマンドゥを食べています。

好みはそれぞれあると思いますが、この材料が基本的なたれのようです。

 

【材料】

・しょうゆ 小さじ4

・お酢 小さじ2

・韓国粉唐辛子 お好みで

 

作り方は、すべての材料を混ぜるだけ!

しょうゆとお酢を2:1の比率で混ぜると覚えておくといいと思います。

 

王マンドゥ1キロの使い道(アレンジ)

量が多いので、食べ方の例として4種類をご紹介します。個人的にはうどんに入れるのがベストで美味しかったです!

1. シンプルに焼く

フライパンで焼き目をつけて、食べます。味が淡白なので、通常の餃子のタレではさっぱりし過ぎていて、少し物足りませんでした。

ネット上では「ラー油の代わりにコチュジャンを混ぜると美味しい」との口コミがありました!味が濃い方が好きな方、お試しください!

2. 餃子スープにする

顆粒の中華スープの素で作ったスープに王餃子を入れます。野菜もお肉もすべて餃子に入っているので、あと一品欲しい!という時に、最適なスープになりました。

3. うどんに入れる

家で作ったお昼のうどんに乗せて食べてみたところ、これが一番美味しかったです。

素朴な味のうどんの出汁にニンニクの風味が足されて、お家うどんが格段に美味しくなりました。

4. 鍋に入れる

王マンドゥは意外とどんな鍋スープにも合う味だと思います。

濃い味のスープなら、餃子にスープの味が移って、美味しい。薄めの味のスープであれば、うどんのようにニンニク風味がいい感じに調和します。

家で韓国の味を体験できました

さて、今回はbibigoの王マンドゥのレビューをしてみました。

日本の餃子とは違う韓国の餃子の味を体験できました。

韓国旅行をしたことがある方には、何となく伝わるかもしれませんが、本場の韓国料理の味は日本の味を食べ慣れている人には、薄味に感じることが多いです。

シンプルな味とはそういうことなのです。(どういうことでしょう(笑))

韓国の方々が食べているbibigoの「王マンドゥ」。種類は3つあり、「キムチ餃子」と「水餃子」もあります。

韓国料理通(つう)の方や気になる方は、ぜひ試してみてください!

インターネットですと、楽天市場、アマゾン、PayPayモール、Qoo10のオフィシャルストアから購入できます。

Qoo10で「王マンドゥ」を探す

ちなみに、人気のゴンチャのビネガードリンクでも使われている果物酢の「美酢(ミチョ)」も「王マンドゥ」と同じ韓国の大手食品メーカー「CJ第一製糖(日本ではCJ FOODS JAPAN)」の商品です。

ミチョはお酢ではありますが、飲みやすい味です。

これまでお酢が体に良いと聞いて、りんご酢などの果物酢を試してみたこともありましたが、ミチョが1番美味しかったです。

何度か希釈タイプではありますが、特にザクロ味は何本も買い足しています。

気になる方は、この機会にマンドゥと一緒に試してみてもいいかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-韓国
-, , , , , , , , , , , , ,