留学 韓国

【ざっくり解説】韓国留学の流れまとめました。

韓国留学の流れが知りたい!調べれば調べるほど、分からなくなってきた…大まかな流れを教えて〜

こんな悩みを解決します。

韓国留学するための情報収集、大変ですよね!
情報が増えるほど混乱することもありますし…
本当におつかれさまです!

さて、今回は韓国留学の流れを簡単にまとめてみました。

こんな方におすすめ

  • 語学留学までの流れの大枠が知りたい
  • 自分で留学の準備を始めたけど、いま手続きでどのあたりにいるのか知りたい

この記事は筆者のわたしの経験をもとに実際に行なった順番で書いています。

わたしはこんな条件で準備しました!

  • 地方国立大学の語学堂
  • エージェントの利用なし
  • D4ビザ(2学期以上の語学留学)*2021年1月取得

ざっくりした流れを掴んで、頭の中の整理をしてみてください!
もうちょっと詳しく知りたいと思った方は最後まで読んでみてくださいね。

【ざっくり版】韓国留学の流れ

流れは大きく分けて5ステップです!

  1. 学校を選ぶ
  2. 語学堂・語学学校に申し込み
  3. 入学書類の提出
  4. ビザの申請
  5. 渡航の準備

これがざっくりした大まかな流れです。書類の準備は時間がかかることがあるので、同時進行で進めていくと時間短縮になります!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、韓国への渡航条件や必要書類が日々変わっています。必ず韓国領事館や外務省のH Pなどから最新情報を確認してください。「昨日まではこんなじゃなかったぞ…」ということも、かなりあるので要確認です!

もう少し詳しく知りたい方は、このまま続きをどうぞ!

【ちょっと詳しい版】韓国留学の流れ


ここからはもうちょっと情報ほしいという方へ【ちょっと詳しい版】です。

お住まいの地域や学校、時期によって手続きに必要な書類が違うので、くわしい情報はそれぞれの事業者さんに必ず確認してくださいね〜

1.学校を選ぶ

目標や費用を考えながら留学期間や学校の場所を選びます。

学校の情報は留学エージェントのパンフレット各学校のホームページから確認できます。

語学堂たくさんありすぎて、選べないよ〜!

そういったときは留学エージェントに相談したり、説明会に参加したりすると学校をイメージしやすいです!

実際に学校を見に行ってみて選ぶ方もいますし、SNSで学校や留学エージェントの情報収集している方もいますよ〜

2.語学堂・語学学校の申し込み


申し込み方法は2つです。

  • 留学エージェント(代行会社)にお願いする
  • 自分で学校のホームページから申し込む

どちらの方法も書類集めやビザの申請は自分ですることになります。

入学書類を集める

申込をして入学書類を確認できたら、必要書類を集めます。

学校によって必要になる書類は異なりますので確認してから準備したほうがいいです。「卒業証明書はもらってきたけど、成績証明書も必要だったのね…」ということも起こりにくいので、二度手間になることも防げます!

 

提出期限があるので、時間に余裕をもって準備するのがおすすめです。状況にもよりますが、入学時期まで3カ月くらいあれば時間に余裕があると思います。

 

入学書類にアポスティーユが必要だったので、下の記事で申請方法をまとめました。

参考【韓国留学準備】自分でアポスティーユの手続きする方法

続きを見る

3.入学書類の提出

書類がそろったら韓国に郵送します。

個人で申し込んだ場合は郵便局からEMSで送ります。
エージェントから入学手続きを申し込んだ場合は代理で送ってくれるところが多いようです。

授業料(学費)の納付

学校から入学許可が下りたら授業料(学費)の支払いです。こちらも自分で海外送金したり、留学エージェントに間に入ってもらって代わりに送金してもらったりすることになります。

送金のタイミングは学校やエージェントによって違うかもしれません。

 

入学許可証をもらう

学校側で準備が整うと、入学許可証が発行されます。わたしの場合は*P D F形式(データ形式)でメールで届きました。

入学許可証はビザの申請に必要な書類なので、これをもらって次の段階に進みます。

*ビザ申請のときはPDFの入学許可証を印刷して申請しました。

 

4.ビザの申請

お住まいの管轄の領事館に直接行って申請します。

どこの領事館か、留学先はどこの学校か、いつ申請するか、によってびっくりするほど必要な書類が違います
問い合わせてみると、公式ホームページに書いてあるよりも少ない書類で済んだり、追加で必要なものがあったりすることもあります!

なので、事前に管轄領事館に電話で書類の確認することをおすすめします。

管轄領事館の一覧(韓国大使館のH P)

ビザの申請をするときにパスポートを一時的に領事館に預けることになります。審査状況の確認にパスポート番号が必要になるので、事前にコピーをとっておくといいですよ〜

 

ビザの受け取り

ビザの審査状態を確認できるポータルサイトで発行されたのを確認して領事館に取りに行きます。パスポートもビザと一緒に返却してもらいます。

ビザ発行日は申請するときに、おおよその発行日を教えてくれるので、その日を目安に確認できます。

KOREA VISA POTAL(英語ページ/韓国語・中国語も選択可)※日本語なし

 

5.渡航の準備

ビザが発行されたら、渡航や現地で必要になるモノの準備です。

  • 航空券手配
  • 留学保険
  • スマホ関係(SIMカードやWi-Fiの手配)の手続き
  • 海外転出届の提出(任意)
  • クレジットカード・デビットカードなど

などを準備します。

 

韓国留学におすすめのクレジットカードについてこちらの記事でまとめているので、参考にしてみてください!

韓国留学に持っていきたい!クレジットカード3選

続きを見る

 

また、希望の留学プランによって住むところの手配などが必要になります。

お家に関してはすぐに希望の部屋が見つかるか読めないので、早めに準備したほうがいいかもしれません。
エージェントさんに代行してもらう以外にも韓国の都市部に住むのであれば「おうちコリア*」「ソウル部屋ナビ」などで日本からでも韓国の家を探せるようです。

こういうのは見るだけでも楽しいです!!

*新型コロナウイルスの影響で「全ての新規ご案内を停止」されているそうです。(2021年2月時点)「おうちコリア

 

ここまでの手続きができれば、あとは韓国に行って留学生活のスタートです!

 

仕事や学校と並行して手続きする方は、はやめに準備するかエージェントを利用することをおすすめします。書類集めに考えていたよりも時間がかかることがあります。

 

noteで2021年2月に韓国に入国したときの流れについてまとめています。

【2021.02 韓国入国レポート】|クリックするとnoteに飛びます。

 

【韓国】隔離生活したから分かる!持っていってよかった物。

続きを見る

 

決意は大きな第一歩

今回、わたしの経験した手続きをもとに紹介してみました。

最後にもう一度ふり返ります。
韓国留学のざっくりとした流れはこのような流れでした。

  1. 学校を選ぶ
  2. 語学堂・語学学校に申し込み
  3. 入学書類の提出
  4. ビザの申請
  5. 渡航の準備

手続きがおわるまでは、留学のための準備をするために情報収集しても、初めて知ることが多くて不安になるときが何度もありました。
悩んだり不安になったりするのは、疑問点や、わからないことが多いからだと思います。
でも一つずつ解決していけば、きっと留学スタートに近づきますよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事でお役に立てたら、うれしいです。

-留学, 韓国
-, , ,